インディアンジュエリー、コーディネート

皆さま、こんにちは!

先日に引き続き、ガッツリコーデ~ズニ族編~と~サンドドミンゴ編~です。

まずは、~ズニ族編~のご紹介です!

DonDewaのバングルとリング、薬指のリングはEffieCalavazaをあわせてみました!!

 

続きまして~サンドドミンゴ族編~

巨匠、MartineLovatoの最高級ジャックラスをメインとしたコーディネートです!

ブレスレットはCaivinLovatoでリングはJoe&AngieReanoです。

これまで、部族をあわせてましたが、MIXしても素敵ですよね!

コーディネートのご相談もお待ちしております!

是非、MALAIKA MITIうめきた店へお越しくださいませ。

 

<<インディアンジュエリーをお求めのお客様は、グランフロント北館5階 MALAIKA MITIうめきた店へ!>>

 

 

ズニ族アーティスト

ズニ族は、主にニューメキシコ州Gallupから南に50キロほど行ったズニの居住区で生活しています。 単一民族で人口は約12.000人と多くないズニ族は、民族内のつながりが非常に強く、外部の侵略の中でも彼らと友好的に付き合い、太古からのズニの村にずっと住み続けています。

ホピ同様、精霊や部族の儀式に関しては非常に閉鎖的で秘密にされており、そうすることで外部からの侵略にも負けず独自の伝統を守り続けています。

笑顔でのんびりしている人が多く、石を細かくカットして作られるインレイ、クラスタージュエリーとフェテイッシュ、釜で焼かれるつぼが有名です。村の中は非常にゆったりしていて、手間のかかるインレイやクラスターがここで作られるのが分かる気がしてきます。

ジュエリー作りに従事する人は多く、ズニの中の唯一の商店には、ジュエリー作りに必要なターコイズやシルバーなどが売られています。ターコイズが日用品と共に売られているなんて、本当にズニならではといった感じです。

サンドドミンゴ族アーティスト

サントドミンゴはニューメキシコ州の北側、サンタフェの近くに位置する、人口の少ないプエブロです。リオグランデ川付近にはこうしたプエブロ(集落)が19部族あります。銀細工がサントドミンゴ族に伝わったのは、ナバホ族などと比べると割と遅く、1890年過ぎた頃アメリカ人より伝えられました。

しかし銀細工以前からの伝統的なシルバーなしのジュエリー作りを今でも行っている部族です。近くに流れるリオグランデ川の恵みから、貝や石を削ってビーズを作り出し、それを紐に通したヒシと呼ばれるネックレス作りが有名です。このネックレスは他部族の儀式の際にも使われるほど大事にされています。その他、陶器、バスケット作りなども行われてきました。

サントドミンゴ族はトウモロコシなどを育てる定住型農耕民族だったので、今でも“コーンダンス”と呼ばれる伝統儀式が残っています。また、16世紀頃から始まったヨーロッパの入植に伴い、サントドミンゴにもスペインの文化が入ってきました。“サントドミンゴ”この名前もスペイン語になります。

現在では古くからのサントドミンゴの文化と西洋のカトリックの文化が融合されています。セントドミニクの聖誕を祝うセントドミニク祭は一般公開されており、伝統的な衣装に身を包んだ村人が中央に奉られたセントドミニク像に祈りを捧げる様子が見られます。 またジュエリー作りも、時代の流れによって海外の安い機械生産のものが参入し、一からすべて手作業の職人が減ってきています。年々希少になってきているサントドミンゴの本物のジュエリーを是非お試しください。

インディアンジュエリー、コーディネート

皆さま、おはようございます!

本日は、昨日に引き続きガッツリコーデ~HOPI族編~
のご紹介です!!


こちらオール大人気のCharleston Lewisです!
ムースの革ブレスがインパクトがあって素敵ですよね!ザイドにはフェザーがセットされています!

 

 

こちらは、リングがJason Takala、ハングルはClifton MowaとWeaver Selinaです!

 

 

~番外編~ですが、Berra Tawahongvaのハスフルも個性的でオススメ!!

お盆休みは是非、MALAIKA MITIうめきた店へお越しくださいませ。スタッフもガッツリコーデで、お待ちしております!

 

<<インディアンジュエリーをお求めのお客様は、グランフロント北館5階 MALAIKA MITIうめきた店へ!>>

ホピ族アーティスト

ホピ族は主にアリゾナ州北部のホピ居住区で伝統を守った生活をしています。ホピ・トラディショナルと呼ばれる伝統のカチナ信仰を非常に大切にしており、カチナダンスやスネークダンスなど外部の人々には非公開の儀式が多々行われ、村内ではホピの文化に関わる物の撮影が禁じられています。

ホピの村はメサと呼ばれる乾燥した台地の上にあり、ファーストメサ、セカンドメサ、サードメサ等といった11の村に分かれています。村内ではオーバーレイジュエリーやカチナ、伝統のバスケットなどが売られており、大規模な商店はなく、大きな買い物は1時間~2時間かかる町にいかなければなりません。厳しい環境でも育つコーンと恵みをもたらす水は命の源として非常に大切にされています。

ホピの作るオーバーレイジュエリーには自然の恵みへの畏敬、様々なカチナ(精霊)やメイズなど信仰・哲学に関わるもの、ウサギやコヨーテ・サボテンなどの身近な動植物など、様々な意味を持つモチーフが描かれています。

 

インディアンジュエリー、コーディネート

皆さまこんにちは!!

お盆休みは、いかがお過ごしでしょうか?

今日は昨日より暑さも和らいでますね!

と、いっても暑い夏!!

この時季は、どうしてもガッツリいきたい気もちになります。

そんなガッツリおすすめコーデをご紹介!

本日は~ナバホ族編~

こちらは、オールSUNSHINE REEVESです。

存在感大!!

大ぶりのDAMELEがセットされたバングルが主役!!

 

 

こちらは、バングルがTHOMAS JIM、人差し指リングがHARRISON JIM、ターコイズのリングはBISBEEです。

コーディネート相談もお待ちしております。

お盆休みは是非、MALAIKAMITIうめきた店へお越しくださいませ。スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

<<インディアンジュエリーをお求めのお客様は、グランフロント北館5階 MALAIKA MITIうめきた店へ!>>

 

ナバホ族アーティスト

ナバホ族はネイティブアメリカンの人口比率を大幅に占める部族で、ニューメキシコ州からアリゾナ州にまたがる広大なリザベーション(保留地)を領有しています。ジュエリー作りを生業とする人が多く、ターコイズを大胆に使ったジュエリーやスタンプワーク、キャスティングからクラスターまで様々なジュエリーを作ります。また、ナバホ族は母系社会で、昔から女性がラグを織り放牧をして家庭を支えてきたため、手織りで作られるナバホラグも有名です。今ではクリスチャンも多くいますが、他の多くのネイティブアメリカン同様「父なる空・母なる大地」に代表される自然信仰(ナバホ・トラディショナル)を持ちメディスンマン(呪術師)による儀式が今でも生活の一部として行われています。ナバホ・トラディショナルは、カチナではなく「yei(イェイ)」と呼ばれる精霊を信仰します。病気などを取り除く為にホーガンでは頻繁にイェイビチェイ(女性の精霊)セレモニーが行われています。

CAMCO ヒッコリーストライプシャツ

みなさまこんにちは!!

本日はうめきた店スタッフ一押し商品をご紹介します!!

CAMCO ヒッコリーストライプシャツ

シャツだけでなくカバーオールやペインターパンツ、オーバーオールにキャップなど、非常に多くのワークウェアに使用される とてもポピュラーな生地の「HICKORY STRIPE」。

 

白色と紺色の組み合わせから成るこのストライプは、その名のごとく アメリカの山林で働く木こりの人々が 仕事着として着た際の汚れを目立たなくする効果がありますが、新品よりも実際に着込んだ後ぐらいの方が独特の雰囲気があり とても魅力的に見えます。

これはシャンブレーやデニムなどの「育てる楽しみ」とは違う、 特別なものではないでしょうか?

CAMCO社はこの点に注目し、ダメージをあたえた製品加工によるエイジングではなく 白糸の色を変えることにより最初からオールド感のある魅力的な雰囲気と、さらに着ていくとヴィンテージ同様の風合いが出るような生地「OLD SPAN HICKORY STRIPE」を開発しました。

絶妙な色合いに加え 適度なハリとやわらかさを併せ持つこのシリーズは、ベーシックなネイビー ストライプと、ファッショナブルなレッド ストライプの2色で展開中!!

ちょっとした着あわせのアクセントに是非、利用して頂きたい1枚です。

 

他にもCAMCOの商品多数お取り扱いしております!!

 

アメカジアイテムをお求めのお客様は、グランフロント北館5階 MALAIKA MITIうめきた店へ★”

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております!!

 

●CAMCO Manufacturing

アメリカ、アーカンソー州で設立されたCAMCO Manufacturing社。

1950年代に「SEARS(シアーズ)」「JC PENNY(JCペニー)」など大手デパートのワークウェア生産を中心に手掛け、米軍のミリタリーウェアの生産・納品を始めました。

1970年代に入ると中米戦争の激化に伴い砂漠で使用するカーキ色や、森の中で使用するカモフラージュ柄のミリタリーウェアの生産・納品が増加しました。

それを着実にこなした結果、米軍との間でコントラクター(生産請負企業)としての信頼を得て、厳格なるミルスペック(アメリカ国防総省が制定した規格)をクリア出来る技術を広くアメリカ国内に知らしめることになりました。

それによって「RALPH LAUREN(ラルフローレン)」「BRENTU(ブレンツ)」といったクオリティーを重視するブランドの生産を請け負うことにもなりました。

現在CAMCOというブランドはアメリカには無く、日本のメーカーがブランドを買い取り、日本のみで展開しています。

 

MALAIKA MITI うめきた店
グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292

 

期間限定!!特別展示!!☆★第2弾★☆

みなさまこんにちは!!

前回のブログで告知させて頂いた、スタッフも悶絶した超激熱アイテムを早速ご紹介します!!

 

Thomas Curtis

ヘヴィーゲージリング

ボウガードデザインリング

ドロップ型ペンダントトップ/パンプアウトペンダントトップ

ヘヴィーゲージバングル

サンバーストバングル

 

今この作品たちにお目にかかれただけでも感動です・・・

写真ではお伝え出来ないヘヴィーゲージのシルバーに打ち込まれたこの迫力のあるスタンプ!!

なんとも言えない付け心地の滑らかさ!!

是非、一度手に取ってご覧になって頂きたい作品ばかりです!!

日本のみならず世界中にファンがとっても多いThomas Curtis。

当然入手も困難で一度にこんなに作品が揃うのも、もうこれで最後かも知れません。

こんな機会滅多にございませんので、お近くに来られた際は是非一度うめきた店にお立ち寄り下さい!!

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております!!

 

 

●Thomas Curtisについて

誰も真似の出来ない、とても深くくっきりとしたスタンプワークが持ち味の老獪なジュエラー。

これだけ強いスタンプワークは、彼が全て自分で手作りしているスタンプでなければ出来ない芸当です。

スタンプワークの職人は、鏡面仕上げにするとスタンプが浅くなってしまう為、鏡面仕上げを避けることが多いのですが、あえて鏡面仕上げを作り続けるのはトーマスのスタンプへの誇りでもあります。

 

MALAIKA MITI うめきた店

グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292

グランフロント大阪 4th ANNIVERSARY

みなさまこんにちは!!

只今、グランフロント大阪では4th Anniversaryイベント開催中です!!

グランフロント北館・南館のショップ&レストラン各店でお得な限定商品や特別メニュー、ノベルティーなどをご用意しております!!

MALAIKA MITI うめきた店では、期間中¥3,000以上お買い上げのお客様先着50名様にノベルティーをプレゼント★”

期間は4月30日まで!!お近くに来られた際は是非、うめきた店にお立ち寄り下さい^^

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております!!

 

 

MALAIKA MITI うめきた店

グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292

 

♦♢♦インディアンジュエリー新入荷♦♢♦

みなさまこんにちは!!

少しではありますが、本日もインディアンジュエリー入荷しました!!

女性にオススメの小さめサイズのアイテムが中心です★”

では、早速こちらから^^

Alex Sanchez

男性にオススメの21号幅広リング。

力強いバンプアウト&スタンプが施され、男らしいデザインです。

Sunshine Reeves

人気のスターモチーフのリング。

サイズが小さめで12号。

女性の方にオススメですが、男性がピンキーで着けても素敵です。

Steve Yellowhorse

14金を使用したコンチョ&リーフデザインのリングです。

サイズは14.5号と小さめです。

お値段も14金を使用したアイテムと考えたらお手頃ですよ!!

Arnold Goodluck

 

小さめサイズのバングル。

表は鏡面、裏にスタンプが入っています。

シンプルなデザインなので服装も選ばず着用して頂けます。

 

 

他にも多数の商品ご用意しております。

みなさまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

MALAIKA MITI うめきた店
グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292

インディアンジュエリー人気アイテム入荷しました!!

みなさまこんにちは!!

もうバレンタインデーの準備はおすみですか??

プレゼントにピッタリなジュエリーが多数入荷しましたのでお知らせ致します★”

Alex Sanchez

1969年生まれのナバホ族とズニ族のハーフ。

ズニ族のマイロン・パンテワという壁画をモチーフにするアーティストからジュエリー制作を学びました。

2000年にジュエリー制作を開始し、2005年、ナバホ族の先祖が住んでいたといわれる、チャコキャニオンという遺跡を訪れた時、そこにあったペトログリフ(岩絵)に衝撃を受け、現在のデザインに辿り着きました。

岩絵にはすべて意味があり、壁画の古い書かれ方をそのまま表したようなオーバーレイの作風が世界中のバイヤーから人気です。

Herman Smith

ハーマン・スミスは1964年ギャラップ生まれで、17歳の時からジュエリー制作を始めました。

師はシルバースミスであったハーマンの母親で、その後レイ・トレイシーと共に仕事をしていた時期もあります。

得意とするのはオールドスタイルのスタンプワークから、コンテンポラリーなチャンネルインレイスタイルです。

重厚感のある彼のジュエリーは、現地でも人気があい、シルバースミスからも一目置かれた存在です。

奥さんととても仲が良く、休日には趣味のハンティングやキャンプをしてアクティブに過ごすのがお気に入りのようです。

Jennifer Curtis

ナバホ族の有名なアーティストであるトーマス・カーティスの娘であるジェニファー。

彼女の作品は男性アーティストにはない感性と、トーマスから受け継いだ力強い作風をうまく取り入れたジュエリーで、数少ない有名女性アーティストだからこそ、女性にも非常に人気があります。

シンプルで合わせやすいため、ペアジュエリーにも人気のアーティストです。

Sunshine Reeves

おなじみゲーリー・リーブスの2歳下の弟、サンシャイン・リーブス。

本名はダニエル・リーブス。

巧妙なスタンプと、重厚なシルバーが特徴です。兄ゲーリーの裏まで届きそうな深いスタンプ、ワイルドなスタイルに対して、サンシャインは繊細でずれのない正確なスタンプといった感じです。

中でもシャドーボックスと呼ばれるタイプは日本でも非常に人気があります。

Edward & Patricia Becenti

エドワードとパトリシアの夫婦で制作するアーティスト。

銀細工をエドワードが、石細工をパトリシアが担当しています。

ナバホ族の伝統的なラグ柄からインスピレーションを受け、それをインレイに起こしたのが今の2人のスタイルです。

シャープな色使いが得意なパトリシアによって厳選された良質な天然石が、知的でクールな大人のジュエリーに変身します。

カジュアルから、スーツなどのシックな装いまで、シーンを問わず合わせやすいジュエリーです。

Charleston Lewis

 

ホピのshungopavi村に生まれ、1992年からジュエリーを製作しているチャールストン・ルイス。

若いホピアーティストで、3Dのような立体的なジュエリーを作るのが彼の特徴です。

サンフェイスが飛び出しているような、何層にもなったオーバーレイが非常に斬新です。

イーグルやドクロなどをモチーフにして、男性に人気があります。

刻印は、雲とコーン。

Ruben Saufkie

ルービン・ソウフキーは、1960年に生まれたウォーター(水)氏族です。

ホピのギルドでシルバーワークを学び、1988年からジュエリー製作を開始しました。

トゥファキャストと呼ばれる石灰岩のテクスチャーを生かしたオーバーレイが非常に美しく、丸みのあるフォルムの仕上がりは多くのコレクターを魅了しています。

彼は、ホピの伝統や思想を各国に伝えるメッセンジャーの役割も持ち、ジュエリーだけでなく言葉でホピの思想や文化を広める活動も積極的に行っています。

他にも多数のアイテムをご用意しております。

お近くに来られた際は、是非うめきた店にお立ち寄りください。

皆さまのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

MALAIKA MITI うめきた店
グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292

コレクター必見!!ベトナムジッポ入荷しました!!

みなさまこんにちは!!

ちょこちょこお問い合わせをお受けしていましたベトナムジッポが本日入荷しました!!

戦争を物語るベトナムジッポとは・・・
1960年~1975年、およそ15年間に渡って続いたベトナムの南北統一をめぐって行われた南北戦争。

共産主義を唱えるソビエト連邦と中国が支援する北ベトナム、
そして資本主義を唱えるアメリカが支援する南ベトナム、
この二つが対峙したいわば代理戦争と呼ばれるものでした。

この戦争において、アメリカはおよそ58,000名余の戦死者と、約1700機の航空機や大量の兵器などの損失を出し、膨大な線費負担が経済を直撃しました。

経済的な戦費負担だけでなく、実際に戦地に赴任していた兵士達は、国内世論などによる『何の為の戦争か?』という既成の価値観をも覆す戦いでもあったと言われています。

当時、現地南ベトナム(現ホーチンミン)では、手先の器用なベトナム人が簡単な機械を使って、兵士の持ち込んだジッポに彫り模様をしてくれる出店があったそうです。

兵士たちは愛用のジッポに地名、恋人や家族の名前、そして思い思いの祈りや恨み、厭世の言葉までも刻んでもらいました。
絵柄には地図、隊のシンボル、有名キャラクター、そして女性のエロチックなものまでバラエティに飛び個々の個性を出していました。

戦争が始まった60年代初頭には、兵士たちも好戦的な内容を好みましたが、
終焉を迎える70年代初頭には平和を求める内容に変わっていったそうです。

アメリカ兵達が祖国を離れ、赴任先のベトナム戦火において辛い日々の中、心の拠り所として愛用していたベトナムジッポ。

兵士達にとってジッポは単なるライターとしてではなく、ミラーにしたり、暖をとるカイロの代わりにしたりと、日常生活の道具であると同時に自分のオリジナリティーを表現するための身分証明書であったりしたといわれています。

ベトナムジッポは単なる日用品ではなく、その一つ一つが戦争の虚しさや当時の世相を物語っています。

歴史を物語るベトナム・ジッポは、単なる道具の域を超えた
アート作品です。

是非、みなさまも手に取って何か感じとってみて下さい。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。

MALAIKA MITI うめきた店

グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292

 

 

 

 

★A HAPPY NEW YEAR★

明けましておめでとうございます!!

うめきた店は、本日1月2日より通常営業致しております!

ブログでもお伝えしました通り、1月5日まで衣料・服飾の福袋企画や、一部インディアンジュエリーを特別価格でご提供中★

お時間ございましたら、ぜひマライカミティへ足をお運びください^^

本年もたくさんのお客さまと、インディアンジュエリーや素敵なお洋服の魅力を共有したいと思っております♪

どうぞお付き合いください☆

今年も1年よろしくお願い致します!

MALAIKA MITI うめきた店
グランフロント大阪 北館 5階

http://www.gfo-sc.jp/shop/detail?shopid=00000292